セブンセンシズ パート3 -メッセージ-

spelunkass1,セブンセンシズ

5月2日〜31日まできっかり30日間開催した《第三回 七戦士図》は、スペースを提供してくれたWHO’S WHO GALLERY OSAKAさんをはじめ、お越し頂いたたくさんの方々のお陰でフィニッシュすることができました。

日常に戻って、ふと我に返って展示会のことを思い返すと色んな出来事がフラッシュバックします。

キュレーターの堀氏やWWG店長は僕らのためにたくさん力を貸してくれたし、
WWGボーイズはいつも僕らと対話して爆笑してくれたし、
WWGガールズはみんなカワイくてウキウキさせてくれたし、
Tシャツを準備してくれたLIFE COORDI NETの面々は何度も足を運んでくれたし、
それでいて、一番濃厚に関わった彼ら自身が、僕らのアイテムをいっぱい購入してくれたり、、、

向かいのお店3COINSのお姉さんから、CHELSEA MARKETの管理サイドの方々
僕の作品制作を手伝ってくれたKurryくん
「アート好きな友達いっぱい連れて来たよ〜!」という友人や
かつての職場の先輩や同僚や後輩達
一度も欠かさず必ず来てくれる方々や友人達
「前からインターネットでチェックしてたんです!」と初めて遊びに来てくれた方
通りすがりに気になって入場してくれためちゃめちゃたくさんの方々や
通りすがりに「一緒にけん玉やりましょー!」と来てくれた激ウマなけん玉先生
飲み屋のねーちゃんやにーちゃんに
飲み屋で知り合ったねーちゃんやにーちゃん
自分たちの家族や友達の家族
いっぱい差し入れ持って来てくれたり、新たな出会いを運んで来てくれたり、、、

『NICE ONE』という新しいネームを与えてもらえて嬉しかったし、
繊研新聞さんからインタビューを受けたのは新鮮だったし、
創業113年の呉竹さんからインタビューを受け、色んな道具を提供してくれて光栄だったり、、、

上げればキリがないんだけど、正に老若男女で無国籍でジャンルレスで、
驚くべきことに0才〜102才までの人が遊びに来てくれました。
特定のカルチャーに限らず、様々な人種の人たちと幅広くお付き合い出来るのは僕たちの強みなんだと実感しました。

僕らはほんとは遊んでるだけで、ただ思いっきり真剣に遊んでるだけなんだけど、
そんな僕らの遊びに付き合ってくれてほんとにありがとうございました。


そしてセブンセンシズの相棒Spelunkasとは、これでもか!ってぐらい長い時間一緒に過ごして、
いろんな感覚や物事を共有したんだけど、それって18才の時以来なんです。
セブンセンシズとして活動した3回の展示会以外は、年に一回ぐらいしか会わなくて、改めてなんか驚きです。

僕という『1』と、彼という『1』、足して『2』というわけではないんです。
3でも7でも10でもない。
1足す1だけど、『1』なんです。

それがチームです。

で、お客さんや関わる人も巻き込んで、それも『1』
コスモは与えて与えられて、混ざってひとつ。

カップルや家族でも、学校や会社でも、そして地域や国も、
やっぱりそーゆう感覚で結束することって、すごく大事なんだと痛感しました。
現実的にはものすごく難しい、キレイゴトなんですけどね(笑)

WWGのナカイくん、これが『ONE』というTシャツへの質問の、《今》の答えです。


みなさんほんとに
いっぱい
ありがとう☆

僕らと関わってくれたすべての人にでっかくピーーース!!


P.S.
画像の作品は今回のセブンセンシズのラストシット!
ライブペイントで街行く人の視聴率がハンパなかった(汗)
メッセージ性が強過ぎて解読不能ですけどね(汗(汗(汗)

「え!? お前、字じゃなくて絵描いてるやん!!」って?

いつも絵を描いてます。
ただ、《字》を使ってるだけなんですよ(笑)

アキレスは亀に追いつきました。
いざ、ネクストステージへ!

98%白目でね♡

spelunkass1,セブンセンシズ

セブンセンシズ パート3 -レポート-

seventhsense

こんにち輪ーーーー!!
5月2日から開催していた《セブンセンシズ3》のレポートです。

「開催していた」ってゆーか、実はまだ開催中なんです(笑)
今回お世話になっているWHO’S WHO galleryさんのご好意により、5月末日まで展示期間を延長して頂きました。

一部の作品と商品は回収し、ギャラリー内のレイアウトも変わってしまいましたが、セブンセンシズ3の余韻は充分お楽しみ頂けると思います。

「行きそびれた!」
「行く気なかったけど来週は死ぬほどヒマ!」
「行ったときにあのTシャツ買っときゃよかった!」
「え?展示会やってたの?今知った!」
等々、5月末までは引き続き我々のコスモを感じて頂けます!

ひとまずの節目として、
正式な期間中にお越し頂いたたくさんの方々、
差し入れを頂いたり、作品やアイテムをご購入して頂いた方々、
WHO’S WHO gallery大阪店のスタッフと関係者の方々、、、

皆さん本当にありがとうございました!!

open
spelunkass1_3
spelunkass1_5
spelunkass1_6
PulpFiction
夢,喜,福
地に足つける
spelunkass1_8
universe
sevensensiz
sevensensiz
sevensensiz3
spelunkass1_4
cosmos
spelunkass1_24
newtype,fever
sevensensiz
cosmos
jap
spelunkass1_17
spelunkass1_18
spelunkass1_19
spelunkass1_20
spelunkass1_21
その全部はご紹介できないけど、セブンセンシズが放つコスモに首突っ込んでくれて感謝感謝☆
キッズからラッパー、仙人からおかんまで、フィクションなんかじゃない俺たちのパルプノンフィクション!

pulpnonfiction2
pulpnonfiction3
pulpnonfiction4
pulpnonfiction5
pulpnonfiction6
pulpnonfiction7
pulpnonfiction1
pulpnonfiction9
pulpnonfiction8
pulpnonfiction10
期間中毎日のように僕らは立ち飲み屋に寄って帰り、その日会った人や、その日あった出来事について話した。
それがどんな人であれ、それがどんな内容であれ、僕らの結論はいつも《感謝》に集約された。
毎日、学びや、感動や、喜びを体験させてくれ、僕らにコスモを分け与えてくれたたくさんの方にピース☆

star,JimiHendrix,guevara

Group Show

Kass1
kass1_oneway
kass1_hustle
kass1,絵,art
kass1,oneway
KARE
kare
kare
kare
Kurry
kurry
kurry
kurry
kurry
みんな作品のキャンバスサイズが1m越えててでっかいなー!と感じた。
大きい作品ってそれだけでインパクトあるな、と。
DJ Calpis君を比較対照にしてパシャリ。
notgallery
遊びに来て頂いた皆さんありがとうございました!